DJカートン.mmix

他人に完璧を要求するのは質の悪い潔癖症のようなものだ。

詰パラ2019年3月号、とか

3月号は3月1日に「督促状付きで」届いた。「当月」に届いたのは「前回がいつだったか思い出せない」くらい久々である。

「短編コンクール」の結果稿、何を書いたか覚えていない。…正確には「一応写真で残しておけ」と撮ったはいいがその写真がぼやけていて何と書いたか読めない(笑)。今思えば撮影ではなく「スキャン」しておけば良かった、と何故気づかなかったのだろう。
自分の短評がいくつか採用(?)されているが、(全部の問題を解いたのに)「全問正解者」に名前がない。ぼやけている写真を何とか解読(?)したところ、
⑳の初手を間違えていた。
…54角ではなく「34角」と書いていた(解答稿にあるように逃れてしまう)。…おーまいがー。

2月24日のNHK杯は森下卓九段の解説。(愛弟子の増田康宏六段が早々に敗退したせいで?)本年度は漸くの登場。…もしかしたら出てこなかった可能性もあったのでとりあえず一安心(?)。現代の急戦矢倉ならではの激しい変化の解説は居飛車党(矢倉党)の自分にはとても有難い。…もっともアマチュア(24とか)には相矢倉(急戦矢倉含む)を受けてくれる人がなかなかいないのだが。
しかし肝心の(?)竜王戦(3月1日、村中秀史六段戦)は初戦敗退… 直近10局の成績が●●○●●○○●●●の3勝7敗(多分行われたであろうNHK杯の予選は結果が分からないので含めていない)と失速している。つらいなぁ…

両国イベントは4月と5月に開催予定らしい(ツイッターより)。詳細(日時、出演棋士)はまだ発表されていないが、とりあえず「4月はほぼアウト」。一応29日だったらOKだけど… … …ねぇ(笑)。ただ、岡崎将棋まつりの招待棋士の中に(コーディネーターの)谷口由紀女流二段の名前があるので4月(28日と)29日に開催される可能性は低そうだ

…とりあえず「どうするか」は詳細が決まってから考えましょう、という事で。ちなみに5月の香龍会(26日、東京優駿当日)「ブッブーですわ!」(…どの口からそんな台詞出てくんねん)