DJカートン.mmix

他人に完璧を要求するのは質の悪い潔癖症のようなものだ。

レディースvsルーキーズバトル・終

11日の芦屋(GⅠ)の12R(ドリーム戦)は最終オッズが「1-○-○でない組み合わせは全て万舟という滅多に見られないオッズになった。一般戦(シード番組)でもそうそう見られる事でない事象が実力者ぞろいのGⅠで起こるのだから峰竜太の化け物っぷりがよくわかる話である。

同日、下関では日本モーターボート選手会会長を務める上瀧和則(SG4回優勝を誇るトップレーサーである)が4年4か月ぶりの実戦復帰。その復帰初戦は3号艇で2コースを奪うとスリットでのぞいてまくりを放つがターンマークにヒットしてしまって落水失格に… ちなみに今名前を出した2人はどちらも佐賀支部(たまたまですけど)。

 

話を戻して丸亀の最終日は

1~4R:一般戦(団体戦ではない)

5~8R:ルーキーズがサービスゲーム団体戦

9R:レディースがサービスゲーム団体戦

10R:特別選抜B戦(団体ポイント=4、レディースがサービスゲーム

11R:特別選抜A戦(団体ポイント=8、枠順は得点率による)

12R:優勝戦(団体ポイント=12、枠順は得点率による)

 

5日目終了時点で25:15と大きな差になっているが、ルーキーズも20点取れば(例えば11R12Rと連勝すれば)逆転できる。ただし5R~11Rを全勝しても17点なので、優勝戦での団体ポイントは絶対必要になる。レディースは勝利に10点必要なので、11Rを勝った時点で(例えば10R11Rと連勝すれば)団体戦優勝が決まる可能性がある(10Rまで全勝でも9点しかないのでここでは決まらない)。

5R~8Rまではルーキーズのサービスゲームではあるが、A級選手はほとんどが賞典レースへの出走なので5,6Rは3人ともB級、7,8RもA2級が2号艇だけなので少々心許ない。

 

5R…1号艇の彦坂真太郎が.09スタートで逃げるも2、3着はレディース。こういう形になると「6着を取った方が負け」になるので、競り合いになった時に経験のある方(大抵はレディース)が有利になる。実際2周2マークでは最下位だった水野望美(A2級)がいつの間にか(後方の争いは基本的に映してくれないので「いつの間にか」と言うしかない)5着に順位を上げてブレーク。

レディース 2615 ルーキーズ 

 

6R…2号艇の谷口知優がまくりでインの井町泰を叩くと2艇の間に4号艇土屋南がまくり差しをねじ込む。そのまま突き抜けて独走、2番手は2号艇、3番手はスリットで凹んだ四宮与寛が最内を回って残す。そのため5R同様「6着を取った方が負け」に。しかし1周1マークで叩かれた井町は大きく遅れたのでこの時点で事実上の決着、再びブレーク。この時点で「ルーキーズの団体優勝は11R・12Rの連勝が絶対条件」「レディースは11R・12Rのどちらかで勝てば団体優勝」になった(変な言い方をすると「7~10Rは団体戦の意味を失った」)。

レディース 2715 ルーキーズ

 

7R…インの浜本裕己が逃げ、残り5艇で2着争い。1周2マークを上手く回った6号艇上田紗奈(欠員補充のために最終日だけ出走)が2番手を取り切ったが3着に大塚康雅が入ってキープ。払戻は6が人気薄だったためイン逃げだけど3万舟

レディース 2716 ルーキーズ

 

8Rまくり差しに行った3号艇染川直哉に2号艇栗城匠が抵抗して2人そろって大きく流れたところをレディースの3選手が次々と走り抜けていく。このままブレークかと思われたが栗城がどんどん追い上げて3着まで挽回し何とかキープ…と思いきやルーキーズに不良航法があったためポイントはレディースに。…まぁボートレーサーは普段から1つでも上の着を目指している(既述のように「団体戦でも個人の成績に反映する」)から団体戦とかは関係ないのだけど。ちなみにこの結果を受けて賞典レースでレディースが全勝すると団体ポイントが『トリプルスコア』になってしまう」事に(過去に46-23の「ダブルスコア」はあった)。

レディース 2816 ルーキーズ

 

9R…この日最初の「レディースのサービスゲーム」。先マイした岩崎芳美に対し3コース遠藤エミがまくりで攻めるが届かず【*1】。こういう展開になると外枠(特に4コース)が最内を突いて3着、というケースが多い(と分かっていながら買い目を切ってしまうんだよなぁ…)。このレースも3着に4号艇の山下流心(この選手も追加配信)が入る。団体戦はレディースがキープ。

レディース 2916 ルーキーズ

 

10R・特別選抜B戦。番組編成委員は「4日目終了の時点でこのレースの1号艇に平山智加を据えるつもりだった」かも知れない(笑)。今節はモーターに苦しんで1号艇で2戦2敗だったが、ここは意地の逃走を見せる。2着に西橋奈未のワンツーで団体戦キープ。

レディース 3316 ルーキーズ

 

11R・特別選抜A戦。ここでレディースが勝つと12Rを待たずに団体戦勝利が決まる。ここ(と優勝戦)は準優勝戦の成績で枠順が決まるので「サービスゲーム風の枠順」にはなっていない。

1号艇の實森美佑が逃げて2号艇村松修二が追走。ここでレディースのどちらかが3着なら確定だが4号艇の眞鳥章太と5号艇の川原祐明が競り合う形になりルーキーズがポイント、団体優勝の行方は最終レースに持ち込まれる。

レディース 3324 ルーキーズ

 

12R・優勝戦団体戦という観点で言うならレディースはここで負けると「5日目までに築いた優勢は何だったんだ」という事になってしまう(どれだけ団体戦を意識しているかは分からないけど)。レースそのものは1号艇の平高奈菜が有利であるが、2着以降で11Rの再現をされると…

レースは内3艇が.10前後の好スタート。.09のトップスタートを決めた平高奈菜の先マイに2号艇の仲谷颯仁が差しで迫るが振り切って早々に1-2隊形が決まる。3番手争いはまくりに行った3号艇と内を突いた4号艇が並ぶ、そして1周2マークは外を握って回った櫻本あゆみが3番手を取りきる。…この時点で個人戦団体戦ともに大勢が決したと言える。ついでに舟券も(笑)。そのまま3周走り切ってLRはレディースの個人戦団体戦W勝利となった。

レディース 4524 ルーキーズ

 

次回のLRは来年の(!)2月3日~8日の日程でボートレース常滑で開催予定。ただ、同レースは東海地区選手権(津)・近畿地区選手権(三国)・九州地区選手権(大村)と開催日程が重複しているので、これらの地区の選手(特にレディース)がどちらに斡旋されるのか、が心配である。

*1:3コースで「まくる」「まくり差す」「差す」の選択は選手の個性が出やすい。女子は「まくる」選手が多いような印象。