DJカートン.mmix

昨今流行っている「ジェンダーレス」とかいう言葉を使いたがる人は「差別」と「区別」の違いがわかっていないんじゃないか? と思う。

何か言わなきゃ正気でいられる気がしないので

政府の「緊急事態宣言」で何がどう変わるのか、…個人的には「ほとんど変わらない」ような気がする。法的な拘束力がない以上「不要不急の外出の自粛」を呼びかけても外出する人はいるだろうし【*1】、しかも「今はコロナで人が少ないから」という理由で意図的に外出する人もいるというから。

…まるで脳みその一部が欠落したかのような言い分(?)だが、そういった「ジコチュー(相変わらず喩えが古いなぁ…)」が多いのはこの国の上の方にいる人間(つまり国会議員とか)の「ジコチュー思考」が市民レベルにトップダウンしてきているからに他ならない。なのでそんな奴らが「自粛しろ」と言ったところで説得力があるわけがない【*2】。自粛してほしかったらまず「隗より始めよ」だと思う(もう手遅れだが)。

野球やサッカーなどのスポーツは開幕(再開)の目途が全く立たないし、中には(秋~冬に開幕するスポーツは)「シーズン打ち切り」を決めた競技も少なくない。将棋界も第78期名人戦の第1局~第3局の延期が発表されるなど、いよいよCOVID-19の影響のない業界は少なくなってきた。JRAも宣言の内容を精査した上で開催の可否を検討するようである【*3】。…ボートレースは対象地域に9つのレース場(戸田、江戸川、平和島多摩川、住之江、尼崎、若松、芦屋、福岡)があるが、これもどうなるかは分からない【*4】。

 

それにしても今の政権の、というより安倍総理の遅鈍、愚鈍、痴鈍(←造語)には呆れて物も言えないという人は多いと思う【*5】。これまで(コロナ以前を含む)に打ち出した政策を見ても「国民を餓死さえさせなければ暴動なんて起きるわけがないから大丈夫」という国民をなめ切っている本心が見え見えである。「布マスク2枚」などという戯言も出所は同じだろう【*6】。そして今回の有事への対応を見て与党内からも不満が出てきているというからもうどうしようもない。それこそ

安倍氏に「あべし」と言わさなければ日本は滅ぶ

ところまで来ているのかも知れない。…やはり現実の世界にヨブ・トリューニヒトは沢山いてもラインハルト・フォン・ローエングラムはいないのである。

こういうジョークでも発していないと正気でいられる気がしない。

 

以前も書いたが、有事の対策で重要なのは「speedy」と「simply」の2つだけ。「利権」だの「忖度」だのという要素はこの2つには属さない。最近打ち出した「1世帯30万円給付」にしても支給される条件も手続きも複雑すぎる──事実上「条件を満たす世帯はほとんどない」し、手続きが殺到する事で役所の人間が過労死しかねない──、つまり「simply」ではないし、仮に申請が通ったとしても支給までに1ヶ月以上かかるというから「speedy」でもない。つまりこの局面における「最善手」は多くの有識者が言うように(&自分も書いたように)マイナンバー制度を活用した全国民への一律現金給付」、というより「他の手では事態が更に悪化する一方」だろう(「最善手」にしても「他の手よりはマシ」という、いわば「比較級的最善手」でしかないのだけど)。このままでは生活に行き詰まった人達による暴動や略奪、「どうせ死ぬならコロナばら撒いてやる」という人まで出てきかねない(というか後者は既に出てきている)ので、それこそ

「どうせばら撒くのは自分の金じゃない」のだし、「税金使って次の選挙の票が集まるなら『やらなきゃ損』じゃないか?」

とけしかけたくなってしまうくらいである【*7】。

 

…一応言っておくと自分は「不要不急の外出」は自粛しているので念のため。もっともここ数日は「寒さが戻ってきたので外に出たくない」、というのが真実だろうけど(笑)。しばらくはボートレースを見ながら詰パラを解く(仕事は止まってしまいほとんど「失業状態」)、くらいしかする事がないなぁ。4月11日の詰将棋解答選手権の初級戦・一般戦も結局全会場が中止となった(「オンライン会場」という形で開催されるので、「完全な中止」というわけでもない)し、4月30日の「枝光・昇太二人会」も開催されるのか分からないし…【*8

*1:そもそも「不要不急」をどうやって判断するのか、という話になる。たとえばゲーセンにしても一部の音ゲーマー(プロとやらを目指す人)にしてみれば「(スキル向上のための)必須の行動」と主張しかねない。

*2:自民党の支持者(というか「信者」)は言う事を聞くかも知れないが…

*3:東京、中山、阪神の3場が宣言対象地域であり、期間中に桜花賞(4月12日・阪神)と皐月賞(4月19日・中山)が開催される(東京競馬は4月25日から始まる。小倉も対象地域であるが宣言期間中の競馬開催がない)。なお天皇賞・春(5月3日)は京都競馬場なので「宣言」の影響はないかも知れない。

*4:宣言期間中にプレミアムGⅠ「マスターズチャンピオン(名人戦)」を含めて4つのGⅠ(4日に開幕している下関GⅠを含む)が開催されるが、そのうち4月11日開幕の多摩川GⅠ「ウェイキーカップ」は対象地域なので影響があるかも知れない。

*5:「それを選んだのは国民だ」という声ももっともだが、少なくとも自分は生まれてこの方選挙で自民党(の候補者)に票を入れた事はただの一度もない。

*6:後日「支給された布マスク2枚を燃やす」なんて動画を世に流す奴が絶対出てくると思う。

*7:ここまで局面を拗らせた後にやってもどれだけ票が集まるかは分からないが、少なくとも「やらなかったらもっと票を失う」事は間違いないだろう。

*8:これを書いている時点では中止となっていないが、本州の落語会は中止となったものが多いので楽観はできない。