DJカートン.mmix

他人に完璧を要求するのは質の悪い潔癖症のようなものだ。

相変わらず斡旋が…

月に1~2回ほどこのブログへのアクセス数が増える日があるが、理由が特定できないのである意味「不気味」に思ったりする。

 

…それはさておき、2月中旬はボートレースで「地区選手権」が行われる。「関東」「東海」「近畿」「四国」「中国」「九州」の6地区に分けて行われるGⅠ競走で、「○○(地区名)ダービー」と呼ばれる事もある。開催レース場は当該地域のレース場を持ち回り(例えば関東だと桐生、戸田、江戸川、平和島多摩川の5ヶ所の持ち回り)。出場する選手は基本的にA1級の選手だが、地区によってはA1級だけでは出場選手(原則52名)が揃わないのでA2級やB1級の選手も斡旋される事がある。優勝すると翌月に行われる総理大臣杯(ボートレースクラシック)への出場権を獲得できる(既に出場が決まっている選手が優勝した場合選考順位が次点の選手が順に繰り上がって出場できる)。

 

以前ここで「最近は女子選手のGⅠ斡旋が少な過ぎる!」と不満をぶちまけたが、地区選手権に関しては「それなりに」女子選手も斡旋される。ただ今年は地区選の期間に女子戦が2節組まれていてそっちに持って行かれたレーサーも少なくないが…

今年の地区選への女子選手の斡旋数は以下の通りだった。「A/B人」はB人斡旋されて、うちA人が予選通過、という意味。

関東地区…0/0人

東海地区…2/3人

近畿地区…1/2人

四国地区…2/5人

中国地区…1/8人

九州地区…2/7人

25人が斡旋されて予選通過は8人、うち1人(九州地区で小野生奈)が優出。準優で内枠に入った(=9位以内で予選通過した)選手は3人いる。

 

つまり、男女間に「埋め難い実力差」があるわけではないのである【*1】。それなのに近年は女子選手のGⅠやGⅡへの斡旋が無さ過ぎる。折しも将棋界では西山朋佳三段が史上初の四段女流棋士でないプロ棋士まであと一歩のところまで来て注目されている(ただし最終戦は「自力」ではないのだが)艇界だって男子に混じって女子が結果を残せば業界全体が注目されるはずなのに【*2】、その機会すら与えられないというのでは寂し過ぎる。

…厳密にはSGやプレミアムGⅠは斡旋ではなく選考基準によって出場選手が決まるので「全く機会がない」わけではない(各レースの選考順位52位以内に入れば出場できる)が、普段女子戦ばかり走っている選手がいきなりSGに出て結果を出すなんて奇跡に近い話である。なので普段から女子選手のGⅠ(周年記念)への斡旋を増やし、そういうレベルでの経験値を積む機会を増やす事が「快挙」への、そして業界の注目度を上げるための確実な手段ではないのか、と思う。

…だが、業界は「女子戦を増やす」方向に舵を切ってしまった。2019年度まで年間12戦くらいだった「ヴィーナスシリーズ」──デビュー16年未満の女子選手のみが出場できるレース──が2020年度から年間24戦、つまり全てのレース場で開催される事になり、しかも「OG枠」が設けられる事によってVSを「卒業」した選手も出場できるようになる*3】。そしてこれまでの「オールレディース」も年間24戦行われる(両方合わせて年間48戦行われる)ため、結果として「ほぼ年中どこかでオール女子」になってしまう。実際はGⅠ・GⅡの斡旋は(オールレディースやヴィーナスシリーズを含む)GⅢ以下のレースより先に決まるため、女子選手をGⅠやGⅡに「持っていく」事自体は簡単(?)であるが、何に対して憚っているのか各レース場は女子選手をGⅠに斡旋しようとしない*4】。

ここ数年は売り上げが前年比アップが続いているし、女子戦は(SGとかを除けば)それぞれのレース場でGⅠ周年記念の次くらいに節間売り上げが大きいレースであるが、今年は「あの事件」のせいで前年比を下回る可能性が高いと思われる【*5】。それ(売上だけでなく業界の評判も)を挽回するためにも「明るい材料」は必要だと思う。そしてその1つとなり得るのが「SGやGⅠでの女子選手の活躍(快挙)」だと思うのだが、そのための足掛かりすらないのが今のボートレース界である。このままだと今はともかく数年後がヤバいんじゃないか、と思うのだが…?

…言っておくけど「話題作りのために八百長(?)で女子選手を勝たせろ」というわけではないですからね。

*1:通常のGⅠは予選通過が「18/52人」(ほぼ3人に1人)なのでそれに近い数字を残している。

*2:実際2013年に平山智加が男女混合GⅠを優勝した時にはあの「報道ステーション」で特集が組まれたくらいである。

*3:「OG枠」の数については表記が見当たらなかった。また「当面の間」VSにはOGを斡旋する、とあるので今後どうなるかは分からない。

*4:これを書いている時点で斡旋が確定している4月までのGⅠ・GⅡに女子選手は1人もいない。

*5:昨年はグランプリがナイター開催(節間売り上げが200億以上)だったが、今年は平和島でのデイ開催。そのためここだけで50億くらいの売り上げ減が出そうだが、おそらくそれ以上のマイナスになる可能性が高い。