DJカートン.mmix

昨今流行っている「ジェンダーレス」とかいう言葉を使いたがる人は「差別」と「区別」の違いがわかっていないんじゃないか? と思う。

1個3,300円のプリン

題名を見て
「どこのセレブの食い物だ?」
とか思われた方がいるかも知れないが、計算するとそうなるのだから仕方が無い(2つで6,600円、税・送料などは別途)。そんな得体の知れない(?)プリンの正体はと言うと…
イメージ 1
イメージ 3イメージ 2
いくら版権ものハローキティでもそれだけで1個3,300円はさすがにあり得ない
「実は滅茶苦茶大きいプリンなのでは?」
と思われた方がいるかも知れないが、容器の(口側の)直径は約7cm、高さは約10cm、内容量は200g。プリンとしてはいたって普通(?)のサイズである。原材料を厳選したとしてもここまで高くなることは考えにくい(※1)。
…では何故こんなに高いのか? その理由は「容器」このプリンを製造・販売しているカフェレストラン「マーロウ(※2)」の創立30周年を記念して作られた表面(内側も)を「本金」「本プラチナ」で誂えた特製の容器それの派生版(?)としてハローキティ40周年とタイアップして作られたのが前出の写真の容器(なので通常?の「30周年記念本金・プラチナ容器」もある)。写真だとわかりにくいが左が「金」、右が「プラチナ」。
…まぁ早い話が「鍍金(※3)なんですが(どう考えてもこの価格で「純金」「純プラチナ」の容器を作れるわけが無い)、純金のフィギュアやメダリオンには手が出ない庶民でもこれなら手が届く
ちなみにハローキティモデルは限定100セットの販売で既に完売

下の写真のように容器から出す事も可能。ただし当然ながら(?)プッ●ンプリンのような「つまみ」はないので、容器とプリンの間に(細い棒状のものを差し込んで1周させて)空気を入れてから皿の上にポン。
…表面がボロボロになってしまった(上手くえぐれなかった)のと皿の絵柄がセーラームーン(手頃な皿がこれしかなかった)なのは気にしないで下さい(笑)。
イメージ 4

食べ終わった後の容器はそのままタンブラーとして使えなくもないが、それこそ「どこぞのセレブ」でもない限り傷つくのが怖くて日常的に使うのは躊躇われる(笑)。
…もし使うとしたら? たとえば競馬の世界には金杯で乾杯!」という言葉がある。JRAの初日(1月5日、平日であってもこの日に開催される)のメイン競走中山金杯」「京都金杯(共にGⅢ)」を(レースで、または馬券で)勝ってその年の幸先のいいスタートを切りたい、という思いをレース名にかけてこう呼ぶ(反対に負けると「金杯で完敗」と言う)事が多い。これを使えば正真正銘「本物の金杯(メッキだけど)で乾杯!」ができるなぁ、なんて考えた。 …もっとも記憶にある限り金杯で馬券を取った例がないのだが…(苦笑)
あるいはボートレースの賞金王決定戦(グランプリ)を取ったらプラチナカップで乾杯、なんてのもいいかも知れない(※4)。


※1…この容器に入っている「北海道フレッシュクリームプリン」は通常ビーカー入りのもので750円、うちビーカーの値段を200円とすると(破損・汚損の無いビーカーは200円で引き取ってくれる)プリン本体(?)の価格は550円
…これでも結構な値段であるがそれに見合うだけの価値(濃厚な味わい)はある、と思った。プリン以外にも様々な商品を取り扱っている(オンラインショップもある)ので詳しくはHP(前述のリンク)をご参照下さい。

※2…同社のロゴマークを見る限りフィリップ・マーロウ(Philip Marlowe、レイモンド・チャンドラーの小説に出てくる探偵)から名前を取ったのは間違いない。
飲食店の名称に探偵の名前が使われている理由は… わかりませんでした(笑)。

※3…「メッキ」。「ときん」とも読む。将棋の駒の「と(歩の成駒)」は(一般的には「金」を崩したら「と」になった、と言われるが)この「鍍金相手に取られるとメッキがはがれて歩に戻る」から来ている、という説もある。

※4…今年から賞金王決定戦の優勝者にはプラチナ製のメダル時価にすると300万円以上するらしい)が授与される事になったのにかけている。