DJカートン.mmix

他人に完璧を要求するのは質の悪い潔癖症のようなものだ。

大河ドラマからふと思った事

「俺を止めたければ俺を殺すしかないぜ?」

 

とある漫画で織田信長明智光秀にこう言い放っていた記憶がある。確かイチローが国内で無敵を誇っていた(?)頃と時期が被っていたので、イチローの快進撃を止めるには彼を殺すしかない」なんてトンデモナイ事を考えた事もあった(以前も書いたように自分はイチローが嫌い)。…当時は若かったんだなぁ。

そしてもし自分が20歳くらい若かったら「藤井聡太の快進撃を止めるには彼を殺すしかない」なんてこれまたトンデモナイ事を考えていたのではないか、なんて想像をしてしまう。…昔の自分は相当「過激」だった、と思うと「俺も年を取ったんだなぁ」と遠い目になってしまう(今でも十分「過激」かも知れないが)。

 

今年の大河ドラマを(ちょっとだけ)見てそんな事を思ってしまった*1】。ただ昔はともかく、年を取った今は(良くも悪くも)損得勘定をしてしまうので、「藤井聡太が快進撃を続けることによって被る被害」でもない限り藤井聡太に対して「殺意」までは抱かないだろう。…多分。

 

*1:冒頭の漫画では光秀は「信長を止めるために」本能寺の変を起こした、という結末だった。