DJカートン.mmix

他人に完璧を要求するのは質の悪い潔癖症のようなものだ。

イベント後日談

主に5日にあった事の話を【*1

その5日の午前中、予てからの打ち合わせどおり音ゲーの知人に会う。そしてキーボードマニアをプレイする。

2000年頃にリリースされた音ゲーで、2オクターブ分のキーボードで演奏する。一応「ノスタルジア」の前身、という扱い(キーマニの後継機種がノスタルジア、という方が正確だと思うが)。

当時のゲームとしては操作するデバイスの数が突出して多い(2オクターブ=24音、それと上下に動かす「ホイール」がある)。それ故難易度が高く当時のゲーマーから敬遠されたのか、3rdMIXまでしかリリースされなかった。そもそも「プレイ中にグルーヴゲージが0になったら強制終了」かつ「プレイ終了時にグルーヴゲージが60%ないとゲームオーバー」という条件が難易度を底上げしていたように思う【*2】。一応「FREE」モードなら「プレイ中にゲージが0になっても強制終了しない」で2曲プレイが保障されている(通常プレイだと最大3曲)。ただしFREEの場合「最初に演奏する曲目を2曲とも決めないといけない」という他の音ゲーにはあまり見られないシステムになっているが。

 

当時の自分はこのゲームが全くダメだった。「初代」を1回か2回プレイして「鍵盤の位置が全然わからん」と言ってリタイア。結局それ以来一度もプレイしていない(3作=2年くらいで終了したので「プレイしたくてもできない」のだけど)。

それ以来約20年ぶりのプレイである(「功夫老師」も「20年ぶりくらいのプレイ」とか言っていたなぁ…)。同じ鍵盤系のゲームであるノスタルジアは相当プレイしたが、何だかんだ言ってもこれとは「似て非なるゲーム」である。案の定「鍵盤の位置が全然わからず」苦労する。そんな人間がプレイすると…

「他の音ゲーの経験が多少は生きた」

「知っている曲なのでリズムに苦労せずに済んだ」

の2つが勝因(?)だと思う。特に後者は重要なポイントで、音ゲー初心者によく見かけるプレイに「ノーツが来たので取りあえず何か押す」というのがあるが、それだと仮に押す場所が合っていてもノスタルジアのNormal譜面は「鍵盤5個分」の幅があるので「大体この辺」で弾いてもそうそう外さない)押すタイミング=リズムがズレていると点数につながらない(ゲームによっては早過ぎると「BAD」でゲージが減ってしまう)。しかしリズムが頭の中にある曲だとそのリズムに合わせて鍵盤を弾く事で「判定ラインを見ていなくても」リズムを合わせやすい=スコアが出やすい・クリアできる可能性が高い(それがなかったら中盤の密集地帯のところで即死した可能性が高い)のである【*3】。…とりあえず「鍵盤の位置を覚えるだけで1ヶ月はかかりそう」なのでこの先このゲームをプレイする機会はないかも知れない(そもそも置いてあるゲーセンがほとんどないし)。

 

成田空港の第3ターミナル。JRまたは京成線の「空港第2ビル駅」(その先にある「成田空港駅」は第1ターミナルなので行き過ぎ注意)で降りて地上に出たら前回の記事でも書いた「案内」に従って600m以上歩く。

f:id:djcartonmmix:20191108211059j:plain

途中の「休憩所」。600m強の歩道に4ヶ所。

f:id:djcartonmmix:20191108211117j:plain

f:id:djcartonmmix:20191108211243j:plain

成田空港から出発する時に気をつけておきたい事、それは他の空港と比べて

「搭乗手続きの時間が長い」

もしかしたらLCCだけなのかも知れないが、他の空港にはなかった「預入荷物を検査する待ち時間」で10分くらい待たされる。もしそこで問題があった場合館内アナウンスで呼び出され「再検査」をさせられる(ので預けた後さっさと手荷物検査に移るわけにいかない)。自分は幸い「再検査」はなかったが。終わった後に「手荷物検査」を済ませるとそこから搭乗口まで200mくらい歩かされる。…とにかく「搭乗口に着くまでに」時間がかかりまくる。

このように「他の空港の感覚で予定を組むと大失敗する可能性がある」ので、他の空港だと出発の1時間前に着けば何とかなるが、成田から出発する場合は「最低でも出発の90分前、できれば2時間前」には空港(第2ビル駅)に着くようにスケジュールを組む事を推奨する次第である【*4】。預ける荷物がない場合はもう少し余裕があるとは思うが…

また成田は滑走路の形状のせいなのか、飛行機が(搭乗口から)出発→離陸までに20分くらいかかる。この時間もフライトの時間に入っているのでトータル1時間50分くらい、飛行距離がこれより長いはずの羽田⇔新千歳より時間がかかる、という謎の現象(?)が発生する。まぁこれもLCCだと(何度も書いた事なので以下略)

*1:5日朝に荷造りしてから帰宅までPCを使えない環境だったので。

*2:ほとんどの音ゲーはこの「どちらか」の条件である。つまり「0になったら強制終了だが1%でも残して演奏を終了すればクリア」か「プレイ中にゲージが0になっても最後まで演奏可(そこからボーダーラインまで盛り返せたらクリア)」のどちらか。

*3:この曲はbeatmaniaIIDXに移植されている。その後ノスタルジアにも移植されたが部分的に大規模なアレンジがなされて「部分的に全く別の曲」になっている。

*4:自分は「成田からの出発はやたら時間がかかる」という話を聞いた事があるので今回も余裕を持ったスケジュールを組んだがそれでも結構ギリギリだった。